TOP

2022/7/2 頭の体操

2022年7月2日 11:00 完全に二日酔いだ。 仕事終わりの有志での飲み会なんて何年ぶりだっただろうか。 豊洲についた瞬間、急にふらつきが襲い軽く構内のベンチで休んでいたが、家に帰っても頭痛が酷く、結局朝の5時まで起きてしまった。 twitterに流れてきたレンタル彼女の広告を見て、可愛い女の子と手軽るにデート出来るなんてすごい世の中になったなと。 えっ、水着でプールにも行けるの?ギャンブルで負けまくってるそこの貴方、恐らくこっちの楽しいですよ? とか、自分も若干興味を惹かれつつ、そんなアホなことを頭 ...

ReadMore

TOP 中国語関連 奨学金情報(中国) 留学(中国)

(国際中国語教師奨学金(孔子学院))留学経験談・合格率について

国際中国語教師奨学金(孔子学院)の申請から合格までの、メソッドやスケジュール、苦労点については下記記事にて執筆しておりますのでご参考にしていただければと思います。 (中国留学)社会人が「国際中国語教師奨学金(孔子学院)」にチャレンジ!!合否結果・メリット 今回は、その記事でコメントを下さる方も多く、私自身も需要があるからには書かなければいけないと思っていた、プログラムの内容等について書いていければと思います。 国際中国語教師奨学金(孔子学院)の合格率について まず、はじめに私自身が色々奨学金情報を探してい ...

ReadMore

TOP 中国語関連 難しい中国語用法

【使い分け中国語用法】好不

好不   好には「良い」という形容詞用法以外にも、程度「とても」を表す副詞的用法もあります。   今回学習するのは好の後ろに不が付いた「好不」です。   意味はさらに深く程度を表し、「多么(かなり)」というニュアンスになります。   ここで「好不」を使用するにあたって注意点が二つあります!!   二音節(二文字)の形容詞の前にしか置けない! 後ろに「容易」が来る場合は意味が変わる!   1.「好不」は二音節(二文字)の形容詞の前!   ...

ReadMore

TOP 中国語関連 難しい中国語用法

【使い分け中国語用法】差点儿(没)~

  差点儿(没)~   差点儿は、副詞的用法で「あと少しで~」「もうちょっとで~」という意味があります。   少し厄介なのが、後ろにつく言葉の意味によって、意味が変わってくることです。   そのため、使い分けが必要になってきます。   我差点儿(没)+実現してほしくない出来事 我差点儿(没)+実現してほしい事   1.実現してほしくない出来事   ・我差点儿(没)迟到 「遅刻しなかった。」という意味になります。   この場合、 ...

ReadMore

TOP 中国語関連 学習方法(中国)

毎日1フレーズ動画!NHK【テレビで中国語】講師:王陽さん!

既に本サイトでも中華系ユーチューバーまとめや、中国語勉強おすすめユーチューブまとめで、度々「王陽」さんについては紹介させていただいていますが、 2021年8月から大きくリニューアル!! ユーチューブ「王陽のほぼ毎日中国語」で「3分中国語トレーニング」が毎日配信されています。 この「3分中国語トレーニング」を始まって以来、私もほぼ毎日観させていただいているのですが、 毎日1フレーズだけ 再生時間が短い 次回動画に前回の復習が必ずある というメリットがあります。 毎日1フレーズ覚えれば、1年で200日放送され ...

ReadMore

中国語関連 学習方法(中国)

【中国】食用!?ひまわりの種を食べる習慣・文化について(中国語表現)

お名前.com 目次: ・1.「ひまわりの種」食べる際の中国語表現 ・2.「ひまわりの種」食べる際のあれこれ ⇒2-1.ひまわりの種の成分 ⇒2-2.ひまわりの種の効能 ・3.ひまわりの種を食べる中国の習慣 皆さんは、ひまわりの種を食べたことはありますか? ひまわりの種といえば、ハムスター、リス、、 食べたことがあると即答することが出来る日本人の方の方が少ないのではないでしょうか? 思い返せばひまわりの種のチョコレート食べたこともあったわという方もいるかもしれませんが、 なぜ、こんな質問をしたというと、タ ...

ReadMore

中国語関連 学習方法(中国)

【中国語授業】出席点呼時の返事の仕方(到,在,来了)

皆さん中国語授業を通して最初に困ったことは何ですか? 僕の場合は、点呼(出席確認)の際の返事の仕方です。 これ、学生によってバラバラで、どれが正しいのかと何回思ったことか...笑 周りが中国人学生ばかりであれば正しい返事の仕方が自然と身に着くのだとは思うのですが、様々なレベルと国の学生達がいる環境下では果たしてどれが正しい返事の仕方なの?と困っている中国語学習者の方も多いのではと思います。 ”到”,”在”,”来了” など授業の出席時には様々な返事が飛び交っていますがどの返答が正しいのでしょうか? 過去に、 ...

ReadMore

英語関連

元国家公務員の英語勉強blog⑥  TOEICL&Rテスト2回目成績結果【失敗!?】

2021年10月1日 9月12日(日)午後に受験した2回目のTOEIC L&Rテストの結果が返ってきました!! 数日前に返ってきてはいたのですが、様々なタスクをこなさなければいけない中でサイトを更新する時間を見出せなく遅くなってしまいました。 今日から、中国の祝日が約1週間程続き、大学も休みとなり少しばかり時間が出来たので報告いたします。 今回の点数は、、、 715点 有言実行とはならず、、、前回よりもプラスになったものの反省せねば なんせ、前回の記事で高らかに850点を目標に掲げていて、730点 ...

ReadMore

英語関連

ネイティブが教える日常英会話⑥「わかりました/理解しました」に関する英語表現

今回の英語表現は、質問をして相手に何かを教えてもらった際に自分が理解したことを伝える表現をお伝えします。 日本語で「わかりました」、「理解しました」といった表現です。 なぜ今回この表現をお伝えしようと思ったかというと、僕も英会話を始めた時によく間違えて使っていたからです。 新しい英語表現を教えてもらうたびに、僕はこう答えていました。 I understood. 始めてから数日でこう言われました。 「なんか、その英語を使われると、えっ、じゃあ何で聞いてきたの?ってなってしまうよ」」 僕もこれで合ってるのかな ...

ReadMore

中国語関連 学習方法(中国)

【無料】中国語語学検定「TECC」第二回プレテスト開催【2021年10月3日】

オンライン中国語検定「TECC」が第二回プレテストを実施! 中国語コミュニケーション能力検定(TECC:Test of Communicative Chinese)とは、中国語によるコミュニケーション能力を測定する検定です。 TECCは、2021年6月より完全オンラインテストに移行し、第一回目のプレテストが2021年6月6日に実施されました。 なんと、今回、第二回目のプレテストも無料で開催されることになりました。 第二回試験詳細 試験実施予定日: 2021年10月3日(日曜日) 試験時間: 10:30開始 ...

ReadMore

その他おすすめ

【体験談】海外交流を通して感じた文化の違いについての話

2021-07-16

こういうブログ形式の記事こそ、本来note等を利用して書いた方が、現在のサイトとは差別化されて良いのだろうなとふと思いながらここに綴ります。

ここ数日外の天気が雨続きで出かけることもできなく、時間もあるのでここ数年で感じた興味深い世界との文化の違いについて、何個か書き記しました。

ブログのSEO等も気にせず、サイトに立ち寄ってくれた方についでに見てもらえたらな~という感じでゆるく書いているので気軽にみてください笑

海外交流を通して感じた文化の違い①

一つ目は、最近ふとした瞬間に感じた文化の違いについての話です。

現在、イギリス在住のロシア人の女の子に韓国語を教えているのですが、その時に下記のことを質問されました。

「チョンポド(マスカットの韓国語)」の「チョン」って緑(色)っていう意味?

たしかに、マスカットは緑色だなと思いつつ、「チョン」の本来の意味は青色だしどういう説明をすれば良いのか迷っていたのですが、ふと事例を思いつき説明しました。

日本でも緑色信号機のことを青色信号機と呼んだりする習慣があるんだよ!!

という独特な習慣の説明をしたのですが、なんで??という感じで理解してもらえなかったです笑

本来の色と違う色で呼ぶ習慣が少なくともイギリスではないようです。

海外交流を通して感じた文化の違い②

次に韓国に留学していた時に感じた文化の違いです。

大学時代にバイト先の同期が「珈琲プリンス一号店」という韓国ドラマを勧めてくれたので、留学のついでにロケ地のカフェに立ち寄りました。

そこで一人の外国人と出会ったのです。中東系の若者でした。

僕と彼はお互い一人ということもあり、意気投合しソウルのホンデを一緒に観光することになりました。

彼は当時20歳で世界中を旅していると言っていて、お互いカタコトの英語でしたが彼との会話はそれだけで十分通じ合えました。

その時の会話の一部がこちら

どこの国の人?
カシミール人だよ。
あっ、カシミールね!インドだよね?
いや、違う、僕はカシミール人だよ。

この時、はっとなりました。文化の違いというよりかは自分の無知さに気づいた瞬間でした。

勝手に自分の中でカシミール地方は国ではなくインドの上の地域だという認識をしていました。

カシミール地方は紛争も多く中国・インド・パキスタンの三国で取り合いになっている地域だということを知っていながらも軽率な発言をしたなと反省しました。

そんな彼とその後ランチを食べに行くことになったのですが、店を決める時にも会話の中で驚きがありました↓

嫌いな食べ物ある?
肉が食べれないからそれ以外ならなんでも
宗教的な問題で食べれないんだよね?
いや、違うよ?うちの家は無宗教だから!
えっ?
僕以外の家族は全員食べれるよ笑
マジかよ!?

韓国で肉が食べれないのは致命傷じゃんと思いつつ笑、結局ピザ屋に入りました。

本当かはさておき、無宗教の人がカシミール地方にいるということ、彼が単なるベジタリアンであったということ全てに驚きを隠せませんでした。

と同時に海外では国内以上に自分の固定観念で動くことが危険な考えだと感じましたね笑

ちなみに、彼いわくカシミールは紛争が多いけれども彼が住んでいる地域は紛争がないようです。

だから是非僕の家にも来てよと彼は言ってました。

彼とはそれ以降会えてないですが今頃何しているのかな~?

また、韓国にもコロナ前は年3~5回は行っていたのでいついけるのかな~という感じです。

という感じで今日のブログは終わりです、ちゃんちゃん

-その他おすすめ

© 2022 STUDY情報館(中・韓・英) Powered by AFFINGER5