TOP

2022/5/21 頭の体操

2022/5/21 0時 急にふと思い出したのがこのCM。 ちょうど中学生の頃、ミスチル、綾瀬はるか、ポカリと共に僕達の目の前には確かに青空と壮大な未来が広がっていたな。 地面に倒れこんで澄んだ青空を何度眺めたか。 このCMを見るとあの頃の気持ちが蘇ってくる。非常にエモい。 アクエリが無く、ポカリ一択だった幼少期、熱が出た時に母親が用意してくれたポカリと水枕がすごく気持ちよくて。。。 アクエリの方が安いし、学生の頃、部活でいつも飲んでたけど、やっぱりポカリ派です。 このホームページも紹介文や諸々そろそろ変 ...

ReadMore

TOP 中国語関連 奨学金情報(中国) 留学(中国)

(国際中国語教師奨学金(孔子学院))留学経験談・合格率について

国際中国語教師奨学金(孔子学院)の申請から合格までの、メソッドやスケジュール、苦労点については下記記事にて執筆しておりますのでご参考にしていただければと思います。 (中国留学)社会人が「国際中国語教師奨学金(孔子学院)」にチャレンジ!!合否結果・メリット 今回は、その記事でコメントを下さる方も多く、私自身も需要があるからには書かなければいけないと思っていた、プログラムの内容等について書いていければと思います。 国際中国語教師奨学金(孔子学院)の合格率について まず、はじめに私自身が色々奨学金情報を探してい ...

ReadMore

TOP 中国語関連 難しい中国語用法

【使い分け中国語用法】好不

好不   好には「良い」という形容詞用法以外にも、程度「とても」を表す副詞的用法もあります。   今回学習するのは好の後ろに不が付いた「好不」です。   意味はさらに深く程度を表し、「多么(かなり)」というニュアンスになります。   ここで「好不」を使用するにあたって注意点が二つあります!!   二音節(二文字)の形容詞の前にしか置けない! 後ろに「容易」が来る場合は意味が変わる!   1.「好不」は二音節(二文字)の形容詞の前!   ...

ReadMore

TOP 中国語関連 難しい中国語用法

【使い分け中国語用法】差点儿(没)~

  差点儿(没)~   差点儿は、副詞的用法で「あと少しで~」「もうちょっとで~」という意味があります。   少し厄介なのが、後ろにつく言葉の意味によって、意味が変わってくることです。   そのため、使い分けが必要になってきます。   我差点儿(没)+実現してほしくない出来事 我差点儿(没)+実現してほしい事   1.実現してほしくない出来事   ・我差点儿(没)迟到 「遅刻しなかった。」という意味になります。   この場合、 ...

ReadMore

TOP 中国語関連 学習方法(中国)

毎日1フレーズ動画!NHK【テレビで中国語】講師:王陽さん!

既に本サイトでも中華系ユーチューバーまとめや、中国語勉強おすすめユーチューブまとめで、度々「王陽」さんについては紹介させていただいていますが、 2021年8月から大きくリニューアル!! ユーチューブ「王陽のほぼ毎日中国語」で「3分中国語トレーニング」が毎日配信されています。 この「3分中国語トレーニング」を始まって以来、私もほぼ毎日観させていただいているのですが、 毎日1フレーズだけ 再生時間が短い 次回動画に前回の復習が必ずある というメリットがあります。 毎日1フレーズ覚えれば、1年で200日放送され ...

ReadMore

中国語関連 学習方法(中国)

【中国】食用!?ひまわりの種を食べる習慣・文化について(中国語表現)

お名前.com 目次: ・1.「ひまわりの種」食べる際の中国語表現 ・2.「ひまわりの種」食べる際のあれこれ ⇒2-1.ひまわりの種の成分 ⇒2-2.ひまわりの種の効能 ・3.ひまわりの種を食べる中国の習慣 皆さんは、ひまわりの種を食べたことはありますか? ひまわりの種といえば、ハムスター、リス、、 食べたことがあると即答することが出来る日本人の方の方が少ないのではないでしょうか? 思い返せばひまわりの種のチョコレート食べたこともあったわという方もいるかもしれませんが、 なぜ、こんな質問をしたというと、タ ...

ReadMore

中国語関連 学習方法(中国)

【中国語授業】出席点呼時の返事の仕方(到,在,来了)

皆さん中国語授業を通して最初に困ったことは何ですか? 僕の場合は、点呼(出席確認)の際の返事の仕方です。 これ、学生によってバラバラで、どれが正しいのかと何回思ったことか...笑 周りが中国人学生ばかりであれば正しい返事の仕方が自然と身に着くのだとは思うのですが、様々なレベルと国の学生達がいる環境下では果たしてどれが正しい返事の仕方なの?と困っている中国語学習者の方も多いのではと思います。 ”到”,”在”,”来了” など授業の出席時には様々な返事が飛び交っていますがどの返答が正しいのでしょうか? 過去に、 ...

ReadMore

英語関連

元国家公務員の英語勉強blog⑥  TOEICL&Rテスト2回目成績結果【失敗!?】

2021年10月1日 9月12日(日)午後に受験した2回目のTOEIC L&Rテストの結果が返ってきました!! 数日前に返ってきてはいたのですが、様々なタスクをこなさなければいけない中でサイトを更新する時間を見出せなく遅くなってしまいました。 今日から、中国の祝日が約1週間程続き、大学も休みとなり少しばかり時間が出来たので報告いたします。 今回の点数は、、、 715点 有言実行とはならず、、、前回よりもプラスになったものの反省せねば なんせ、前回の記事で高らかに850点を目標に掲げていて、730点 ...

ReadMore

英語関連

ネイティブが教える日常英会話⑥「わかりました/理解しました」に関する英語表現

今回の英語表現は、質問をして相手に何かを教えてもらった際に自分が理解したことを伝える表現をお伝えします。 日本語で「わかりました」、「理解しました」といった表現です。 なぜ今回この表現をお伝えしようと思ったかというと、僕も英会話を始めた時によく間違えて使っていたからです。 新しい英語表現を教えてもらうたびに、僕はこう答えていました。 I understood. 始めてから数日でこう言われました。 「なんか、その英語を使われると、えっ、じゃあ何で聞いてきたの?ってなってしまうよ」」 僕もこれで合ってるのかな ...

ReadMore

中国語関連 学習方法(中国)

【無料】中国語語学検定「TECC」第二回プレテスト開催【2021年10月3日】

オンライン中国語検定「TECC」が第二回プレテストを実施! 中国語コミュニケーション能力検定(TECC:Test of Communicative Chinese)とは、中国語によるコミュニケーション能力を測定する検定です。 TECCは、2021年6月より完全オンラインテストに移行し、第一回目のプレテストが2021年6月6日に実施されました。 なんと、今回、第二回目のプレテストも無料で開催されることになりました。 第二回試験詳細 試験実施予定日: 2021年10月3日(日曜日) 試験時間: 10:30開始 ...

ReadMore

TOP 中国語関連 奨学金情報(中国) 留学(中国)

(国際中国語教師奨学金(孔子学院))留学経験談・合格率について

国際中国語教師奨学金(孔子学院)の申請から合格までの、メソッドやスケジュール、苦労点については下記記事にて執筆しておりますのでご参考にしていただければと思います。

(中国留学)社会人が「国際中国語教師奨学金(孔子学院)」にチャレンジ!!合否結果・メリット

今回は、その記事でコメントを下さる方も多く、私自身も需要があるからには書かなければいけないと思っていた、プログラムの内容等について書いていければと思います。

国際中国語教師奨学金(孔子学院)の合格率について

まず、はじめに私自身が色々奨学金情報を探していた時期に、ネットで検索ワードによく上がっていた「奨学金の合格率」について述べます。

私も申請した「2021年度国際中国語教師奨学金」の合格結果ですが、HSK日本実施委員会さんがHP上で公開しており

HSK留学推進室推薦者41名中、最終合格者32名

ということでした。

つまり約8割の方が合格しています!

大学は多岐にわたり、1学期の語学生~2年間の修士課程のコースまで多岐にわたっていました。

そもそものHSK留学推進室からどれくらいの割合で推薦されているのかは不明ですが、面接時の肌感的には標準的に話せて熱意を伝えることが出来れば推薦状に関しては落ちることはないのではと感じました。

推薦状をもらえたものの大学申請で落ちたという経験談はネット上で良く見ていたので、今回のこの情報は受験される方にとってはかなりの安心情報ではないでしょうか?

早めに準備と申請をするように心掛けましょう!!

国際中国語教師奨学金(孔子学院)を使った留学経験談

収まらないコロナ禍により学生ビザがおりずオンライン授業のままとなりましたが授業内容等について記載します。

プログラム内容について

プログラム内容については自費で授業を受ける場合と変わりありません。

最短で4週間の体験授業~4年間の博士課程までが奨学金を使用して申請することができます。

私は、2021年秋からの1学期語学留学で申請し合格しました。

そんな私が受講していた浙江大学の授業内容です。

ちなみに授業は全てお昼からで1日3時間~6時間といったところです。

・阅读(リーディング)

中国の古い文書を見ていれば難しい漢字がたくさん出てきますが、例え読めなくても問題の答えを短時間で導いていこうという内容でした。

いわゆる速読というやつですね、物語の核となる部分を最短で把握していくコツを学びました。

(日本人に生まれて助かった~)

・精读(総合)

文法解説や読解がメインですね。新しく習った文法を用いて更に理解を深めていくといった感じです。

(基本中の基本ですね、宿題はそれなりに多いです)

・口语(スピーキング)

最近の中国事情や、クラスメートの国事情等まで幅広いネタを題材に話すといった感じでした。

学期のちょうど途中くらいから賛成派と反対派に分かれた討論形式に切り替わり、なかなか頭を使いました。

(反対派がいつも少数で、、、皆さんもトライしてみてください笑)

テストは5分前までどのお題について話すのか知らされないのでドキドキものでした。

・写作(ライティング)

手紙の書き方からメールの書き方・作文等について学びました。

また、毎回の授業で10枚以上の連続する絵を見て物語を組み立てるものがありましたが、生徒によって表現方法がこんなに変わってくるものかと思い知らされ、自分の未熟さに気づかされました。

(やはり華僑組はレベルが高い、、、)

宿題の難易度がすごく高いし多いしで大変でした笑

 

以上の4つの授業が必須科目で、プラス2科目選択で受けることが出来ました。

選択科目はかなり豊富で、私の場合は大学が中国の杭州に位置していたため、杭州の文化についての授業を選択しました。

意気込みやアドバイス

奨学金をいただいているということもあり、必須科目についてはサボることが出来ないというのも一つのメリットでした。

(特別な理由が無い限り辞退すると、自費になる可能性があります)

受けるからにはとにかく頑張ろうと意気込んだ結果、阅读以外は全て成績1位を収めること出来ました。

あと意気込みとしては、宿題がメッセージ上でも公開処刑されるので一番早く出すことを心掛けました。

授業が終わったらすぐに出す。

というより仕事や副業、他の勉強もやっていたので出さざるを得なかったのが事実ですが、、、

そのせいもあり、疲れすぎていて選択科目はカメラを消して寝ながら受けていたりと反省すべき点も多くありました。

また、アドバイスとしてですが、出来るだけノートを取らないことですかね。

教科書や印刷物に書き込む・PC上でスクリーンショットを保存しておくのが便利だと思います。

時間がもったいないですし、授業中に集中して質問した方が頭にも入ってきますよ~~~!!

 

 

-TOP, 中国語関連, 奨学金情報(中国), 留学(中国)

© 2022 STUDY情報館(中・韓・英) Powered by AFFINGER5