TOP 中国語関連 日常ブログ(中国)

中国語の日本人学習者数の推移を分析してみた(2021年)

2021-05-15

も中国語を勉強するにつれ、果たして中国語の学習者はどのくらい増えているのかとふと思ったのでこの記事を書くことにしました。

近年、大型アイドルオーディション等で中国ブームが過熱しているのは間違いないので、中国語の学習者数がどの程度推移しているのかすごく気になるところです。

今回、中国語の学習者の推移を分析するにあたって以下のデータを利用しようと思います。

使用データ

  • 語学検定年受験者数推移
  • 日本人留学生(中国)の推移

あとは、指標として

ポイント

  • 訪日中国人の推移

も見ていきたいと思います。

語学検定の受験者数から見る中国語学習者数の推移

まずは、中国語政府公認の中国語語学検定である「HSK」の受験者数を元に調査しました。

単純に中国語の語学検定を受けるということは中国の文化・歴史に対する単なる興味だけではなく学習という観点で興味があるということを意味しています。

中国語学習者数の推移と直結する良い調査元と言えます。

下記のデータはHSK日本実施委員会がホームページにアップしている数字を元に表とグラフにしたものです。

実施年年間人数(人)
平成11年2303
平成12年2356
平成13年2320
平成14年2448
平成15年3575
平成16年3373
平成17年4326
平成18年4835
平成19年5412
平成20年5815
平成21年5525
平成22年7002
平成23年10128
平成24年15801
平成25年21385
平成26年22788
平成27年23426
平成28年25904
平成29年28643
平成30年34018

引用元:HSK 日本で一番受けられている中国語検定 (hskj.jp)

HSKは1991年から世界各国で実施開始した中国語語学試験なので、歴史的にはそこまで古くない検定ですが、近年爆発的に受験者数が増えていることがわかります。

平成22年度(2010年度)あたりから急増していることがわかりますね。

ここ10年間で見ても約7倍くらいの受験者増となっています。語学検定は現地に行かずとも日本で試験を受けることが出来るのでプラス(増加)はあっても、外的要因(政治問題等)によるマイナス(減少)はあまりないということがわかります。

次のページで「中国語検定」の受験者数の推移についても分析しています。

次のページへ >

-TOP, 中国語関連, 日常ブログ(中国)

© 2021 STUDY情報館(中・韓・英) Powered by AFFINGER5